読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kol blog

KOL STUDIOエンジニアのブログ

【機材レビュー】DAWおすすめモニターヘッドフォン

DAW向きのヘッドフォン

 

ヘッドフォンでモニターをする機会って、意外と多いですよね。

今回はミックスに向くヘッドフォンを中心に、僕の好みも織り交ぜて紹介してみます。

 

 

Sony MDR-7506

 個人的に愛用しているヘッドフォンです。いろいろなヘッドフォンを試してきましたが、結局これに落ちつく、僕の基準とも言える機種です。

 

音質はクリア、定位がはっきりしてミックス向きな音です。

それからよく言われているとおり、定番の赤ラベル、900STよりもローが出ます。ローが出るというよりもローが聴き取りやすい、といった印象を受けますね。

 

奥行き感は少し浅いかもしれません。しかし900STよりも適度な距離感があるので、使いやすく感じます。(これはイヤーパッドの厚みも関係がありそうです。)

 

細かい違いですが、日本仕様と海外仕様が存在します。(違いはドライバーユニットの素材。この違いに関しては比較ができていないので割愛します。)

 

カールコードは好みが分かれるところですが、一般的なカールコードよりもやわらかく、重さもそこまで感じません。自宅環境や小さなスタジオではむしろ使い勝手が良いと思います。

 

これで1万円強なので、コストパフォーマンスはとても高いと思います。最初の1台にもおすすめです。

 

 

AKG K701

某アニメから知ったという方も多いようですが、これも個人的におすすめなヘッドフォンです。

まず見た目がおしゃれですよね。部屋においてあっても、持ち歩いてもかっこいいなと思います。

 

音の傾向は、耳につく部分が適度に抑えられた聞きやすい音だと思います。その特徴がEDM系、中田ヤスタカさんのようなサウンドに合います。打ち込み系をずっとモニターしていても疲れにくいです。

それと、出力が小さいので注意が必要です。

 

良いものなのですが、頭の上にくるコブが、どうしても苦手です。笑

これが気になる人も多いようで、自力でコブを切って革を張っている方もいました。

 

金額もだいぶ落ちて2万を切っていますね。

打ち込み系×Cubaseときたら、これがいいかもしれません。

 

 

Classic Pro CPH7000

これ、気になっている人も多いんじゃないでしょうか。笑

サウンドハウスさんで格安で販売されているヘッドフォンですが、値段の割に結構使える!というのが僕の感想です。

やはり値段相応にローが出なかったり、もちろん高級感もありませんがこの価格帯で言えば上出来だと思います。

 

楽器の練習用や、金額を抑えたい人にはおすすめできると思います。

 

 

まとめ

僕の所有するヘッドフォンから3つ紹介しました。

他にULTRASONE Signeture DJもよく使うのですが、ほぼリスニング用途なのと金額が高すぎるので省略。

 

そして、こんな記事を書いていながらもスタジオでの仕事中に最も使うのは900STです。笑

 

900は人の声に特化していると思うのです。ナレーション録音が多い僕としては使いやすい。

逆にバンドものを録るなら上に挙げたようなヘッドフォンを使います。というより、ミックスの際にはモニタースピーカーもヘッドフォンも複数使います。

 

その上で1台を選ぶのなら、やはり7506ですね。

 

以上、はじめてのモニターヘッドフォンを選ぶ方の参考になれば。