kol blog

KOL STUDIOエンジニアのブログ

【機材レビュー】WAVES RENAISSANCE MAXX

WAVES RENAISSANCE MAXX

 

 

WAVESの大定番プラグイン、僕も相当使用率の高いソフトです。

収録されているのは、

 

Renaissance Axx

Renaissance Bass

Renaissance Compressor

Renaissance DeEsser

Renaissance EQ

Renaissance Vox

Renaissance Reverb

Renaissance Channel

 

これに

Waves Tune LT

IR-L

 

を加えた10種になります。

 

プラグインレビュー

○Renaissance Axx

RA

主にギターやベースに特化したコンプです。パラメーターはスレッショルドとアタックだけ。リリース・タイムは自動。アタックに合わせて設定するだけで粒が揃うので、使い勝手はよいです。個人的にはそんなに使用頻度の高くないプラグインですが、手軽にざっくり作る時には便利です。

かけ方次第で音の方向性というか、イメージが変わってしまうところが少しもったいないかなと思いました。

 

 

○Renaissance Bass

RB

設定した周波数に倍音を足す、面白いプラグインです。

単にEQで持ち上げた低音ではなくローが目立っていくので、パワー感が欲しい時や、ライン録りのベースにかけてアンプっぽさを足したりといった使い方をしています。

バンドサウンドではキックとベースの重さ調節で重宝しています。チューニングを下げて重いリフを弾くギターさんに使っても面白いです。

かけすぎ注意、です。一度使ってみれば意味はわかると思います。笑

 

 

 

○Renaissance Compressor

RC

かなり高頻度で使用しているコンプです。基本的なコンプのパラメーターに、ARC、Electro、Warmといったパラメーターが付属します。

ARCは、リリースタイムを自動で設定してくれる便利な機能です。特殊なかけ方をする時以外は基本的にオンで問題ないと思います。

Electroは、電子式と光学式に切り替えることができるスイッチです。Electroで最近ぽいくっきり系、Optoだと若干緩めにかかる感じでしょうか。

Warmをオンにすると名前のとおり暖かみが付加されます。

 

 

○Renaissance DeEsser

RD

 

基本的なディエッサーです。上記のRコンプとセットでボーカルにかけることが多いです。

僕はナレーション録音の仕事が多いのですが、そちらでも多用しているプラグインです。

 

 

○Renaissance EQ

REQこのバンドルで最も使われているプラグインではないかとおもいます。僕自身かなり使いますし、エンジニア仲間にもスタジオでも評判が良いド定番EQです。

基本的にとても自然にかかります。ブーストやカットを大きく設定しても破綻しないので使いやすいですね。

 

 

○Renaissance Vox

RV

ボーカル用のコンプレッサーです。Compのつまみを下げます。終わり。っていうくらい簡単です。笑

ボーカル用と書きましたが、他の楽器にも使えます。むしろ僕はその使い方のほうがずっと多いですね。

人づてに聞いた情報ですが、このプラグインアルゴリズムはL2と同じものだそうです。ソフトニーなL2といったもののようです。

 

 

○Renaissance Reverb

RR

僕の中では最初に試すリバーブ、という位置づけです。万能。

右上のEQをうまく設定するのがポイントです。基本的にはローカット+ハイカット。

 

 

○Renaissance Channel

RCh

上記プラグインをまとめたチャンネルストリップといった感じのプラグインです。しかし見にくいので、個人的にはあまり使っていません。欲しいものを個別にさしていったほうが楽かなと思います。

 

 

まとめ

ひととおり、ざっと紹介してみました。

細かいところはまた個別に記事にしてみたいですね。

 

セール時はGOLD+Renaissanceのバンドルで3万を切ることもあります。使いやすく重宝するバンドルなのでおすすめです。

 

Waves / Renaissance Maxx
http://www.minet.jp/waves/renaissance-maxx