kol blog

KOL STUDIOエンジニアのブログ

【機材レビュー】RME Fireface UFX

RME Fireface UFX

 


RME FIREFACE UFX 代引き手数料無料!安心の日本正規品!switch2RMEセール!

今までいろいろなアーティストさんや作家さんの環境を見せていただいてきましたが、RME使用率は本当に高いです。

言われ尽くしている通り、安定性と音質でみなさん選んでいるようですね。

 

こういったデジタル系の製品は大抵の場合サイクルが短いというか、入れ替わりが激しく、値落ちするのも早いです。

そんな中でもRMEは異常なほど息が長い。

2004年頃に発売されたFireface 800ですら、いまだに中古市場では高値で取引されています。

ビンテージ機材という訳でもなく、ここまで長く必要とされるデジタル機材というだけで、その性能がわかります。

 

 

実際の使用感、レビュー

僕はUFXを導入するまでは、MOTUの896 mk3 hybridを使用していました。

MOTUもとても良いインターフェースで、コストパフォーマンス面でみるとRMEよりも上かもしれません。

しかし数度故障し、その度に修理に出したり、放置していたらなおったり(笑)、PC側で認識できなくなったりということが続き、買い替えを決意。

 

UFXを導入してまず最初に思ったことは、出音がクリアになった!でした。

当時の再生環境はいまいちではあったのですが、それでも音の分離感、解像度といったものが向上したのは感じ取ることができました。

 

録音面でも確かな音質アップを感じました。付属の4つのマイクプリは素直でとてもつかいやすい音です。   

背面には8つのフォン入力があります。手持ちのマイクプリはここに接続して使用しています。個人的にはSSLVHD preを入れて、2Uで8ch録りができる組み合わせが好きです。(出張録音の時に活躍しているセットです。)

 

入力部は総じてA/Dコンバーターの質の高さを感じます。

Apogee Rosetta200が好きでよく使用していますが、UFX付属のA/Dコンバーターでもクオリティには全く問題ありません。微妙な味付けの違い、好みの世界だと思います。

 

それからRemote Controlは個人的には必須アイテムです。

これがあればモニターコントローラーの類いは必要なくなります。無駄な配線もいらなくなるので音質アップにも繋がると思います。

 

 

ここまでベタ褒めしてきたので2つほど不満な点を。

まずは値段です。(笑)

UFX+Remote Controlセットで購入しましたが、計25万ほどでした。いくらものが良くても簡単に買える金額ではないですよね。

 

もうひとつは操作性です。アナログなつまみが少ない。

正面にMIDIのIN/OUTって必要だろうか?

ここにマイクプリのゲインつまみを4つ置いてくれたら個人的にはとても嬉しいなと思います。

 

 

RME Fireface UFXは買い?

買いだと思います。

ただここまで入出力が必要なければUCXのほうをおすすめします。(多少音質面で変化があるそうですが、自分は持っていないのでそこまではわかりません。)

 

 総合的にみて、おすすめできるインターフェースです。

 

 

 

 

 

 


RME ( アールエムイー ) Fireface UC 【Fireface UC 】

 

 


MOTU 896 MK3 HYBRID 代引手数料無料!安心の日本正規品!

はじめまして。

はじめまして。

 

 

このご時世、『音楽で飯を食う』というのはとても難しいですね。

もちろんいつの時代も簡単ではないのですが、いわゆるアーティストやバンドマンたちは本当にしんどくなってきている。

メジャーで本当に有名な人たちすら悲鳴をあげていて、若手や中堅どころは生活もギリギリ、もしくは実際にアルバイトをしていたりヒモだったり。。

 

 

僕自身、元バンドマンです。(あまり売れなかった)

『なんとか音楽で飯を食うんだ!』という信念のもと試行錯誤した結果、レコーディングや楽曲提供などで徐々に収入を得られるようになっていきました。

 

後にご縁があり、某社にレコーディングエンジニアとして入社しますが、人間関係がうまくいかず退社。

現在はフリーでレコーディング(バンドものメイン、ナレーションなども含む)、作曲、講師などをしています。

 

それでも。

それでもやっぱり生活は厳しい。音楽だけではなく撮影やデザインのお手伝い、他にアルバイトもしています。笑えない状況。

 

そこでブログです。

 

何か副業になるものはないかと探した結果がブログでした。

詳しく調べてみると、音楽仲間にもブロガーとして月に数万円から多いときには10

万以上を稼ぐ人が。

 

もし自分の持つ知識や経験が誰かの役に立って、それで収入につながり、さらに自分のことを知ってもらえるきっかけになるなら。

 

僕にとってこの上ないことです。

もちろん音楽で飯を食おうとがんばっている人たちにとっても素晴らしい話。

 

僕はこの場を使って、ブログで実際に収益をあげることができるか挑戦してみることにしました。

 

目標は、月に5万

 

PV数でいうと20万PVくらいでしょうか。

毎日記事を書いたとして、どれくらいでたどり着けるかな。。

 

期間はひとまず、2016年内を目標にしてみます。

 

 

活動開始。

 

まずは下準備ですね。

ブログ、ツイッターを開設。

 

次にアフィリエイトサービスの選択。

まずはGoogle Adsenceから。

後々A8.netやアクセストレードにも手を出してみようと思います。

 

あとは記事次第でしょうか。

機材レビューを中心に記事の作成に取りかかりたいと思います。

レコーディング現場の話や、V系業界の裏側なんてのも需要があるかもしれませんね。

講師をしていてよく聞かれる、理論の基礎知識なんかをまとめるのにも良さそう。

 

利益云々よりも、読みたいと思える記事作りを心がけて。

頑張ってみます。 

 

 

つづく